読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田母神事件を俯瞰する

2014年の東京都知事選から現在も続く裁判のことをつぶやいてますwww

田母神裁判第2回公判(3)

前回書いた「弁護人の主張」を聞くと

田母神が島本、鈴木と共謀してどうにかするなんてストーリーがばかげてるとしか思えんwww

大体、問題の都知事選があったのが2014年で、2年も経っていて、

その当時から内偵なり捜査なりが行なわれていたわけじゃないから、取り調べる証拠ったって、関係者の証言だけなんだよね

しかも、その関係者の証言もあやふやときてるwww

田母神バッシング始まった当初にもあったじゃん

水島が「頑張れ日本に金を移せなんて言った話は嘘だ!」って絶叫してたっけwww

それに同調して田母神をウソつき呼ばわりした奴ら、今、息してる?www

 

物証はないのかなぁって思ってたら、ビデオがあるって

へぇ~と思ったら、違反があったとされる時点から約1年後に録画したものって

超胡散臭ぇwww

 

こん時、検察官がこの証拠資料(ビデオのこと)の書き起こし部分を読み飛ばしてるからって

弁護人が何ページの何行目から読み上げてくれって言った箇所があるんだwww

それが

鈴木が最初に提示した金額を聞いた水島が「こんなにもらえるんだ」と喜んでいたってハナシwww

何でそこだけ読み飛ばした?www

傍聴席のそこかしこで、笑いをこらえてるのが分かったぜwww

 

弁護人が冒頭陳述のしめで言ってんだけど、

検察が予断に基づくストーリーに当てはめて、都合の良い証拠に安易に証拠に飛びついて、自白偏重の捜査を行っているっていうの、

ものすげー説得力感じたんだけどwww

 

公判終わって、思わず入口に書いてある事件名のとこ、読み直しちゃった

だって、取り終わったメモを見返しても、田母神って名前、ちょっとしか書いてないwww

何で、起訴すらされてない水島の名前がこんなに出てくんだ???www

 

以上、丸の内線霞が関駅より、お届けですたwww